地震学者

いざという時役に立つ話

JP | EN

語り継ぐのって、10年またげないと思うんです。

大木聖子 (地震学者)

大木聖子
地震学者

慶應義塾大学環境情報学部(SFC)准教授。専門は地震学・災害情報・防災教育等。高校1年生の時に起こった阪神・淡路大震災を機に地震学を志す。2001年北海道大学理学部地球惑星科学科卒業、2006年東京大学大学院理学系研究科にて博士号を取得後、カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリプス海洋学研究所にて日本学術振興会海外特別研究員。2008年4月より東京大学地震研究所助教。2013年4月より現職。主な著書に『超巨大地震に迫る-日本列島で何が起きているのか』(纐纈一起教授との共著,NHK出版新書)、『地球の声に耳をすませて』(くもん出版)など。

その他の
いざという時役に立つ話

この記事を
シェアする


TOP


HOME